SpaceClaimは主に「プル・移動・フィル・組合せ」の4つの基本コマンドの操作でモデリングが可能です。形状を直接クリックしながら直感的に形状作成・編集ができ、また、コマンドの総数も他社製CADと比較して極めて少ないため、モデリングの習得コストを大幅に軽減します。



4つの主要コマンド

プル 形状の作成、変形に使用する基本ツールです。
移動 形状の移動、コピー、変形に使用する基本ツールです。
フィル 選択箇所を隣接面で埋めて削除する基本ツールです。
組合せ オブジェクトをカット、マージする基本ツールです。


プル 移動

形状の作成、変形に使用する基本ツールです。



押出し、カット、フィレット、面取り、スイープ、回転、勾配、ブレンド、スケール等が1つのツールで可能です。



面の勾配付け

エッジに
ラウンドを作成

複数面間の
ブレンド




形状の移動、コピー、変形に使用する基本ツールです。



出っ張り、凹み等のオブジェクトや部品を同じ方法で移動させたり、コピーを作成できます。




リブを移動すると突き当ててあるリブがその関係を保つように長さが変更されます。リブを回転させると、リブの接合部との関係を保つように長さが変更されます。

フィル 組合せ

選択箇所を隣接面で埋めて削除する基本ツールです。



選択された凹みを埋めたり、出っ張りやフィレットを削除します。




ラウンドエッジチェーンの選択と削除




サーフェスのエッジの簡略化


オブジェクトをカット、マージする基本ツールです。



複数のパーツを結合して一体化したり、干渉しているソリッドの該当箇所をカットします。





左:干渉しているソリッドの干渉部分をカットすることができます。
右:カットされるソリッドを選択してカットするソリッドを選択すると、干渉部分がカットできます。部品間で実行することが可能です。カットするソリッドを削除することも残すことも可能です。



主な機能


スケッチ 寸法定義 断面モード

正確な寸法値を入れながらのスケッチ、またはラフレイアウトを作成してから変更する方法でのスケッチのいずれかの方法でも可能です。スケッチには幾何拘束がありませんので、3D形状作成時に非常に柔軟性があります。






入れた寸法値の表示は保持されません。スケッチはいわゆる一筆書きでなくても、またクロスしていても3D形状の作成は可能です。




2分割のサーフェスがされた状態です。

SpaceClaimの寸法は、フィーチャー系CADの寸法拘束とは異なり、寸法に制約は無く、スケッチの線からソリッドの面までデザイン中のあらゆる要素に寸法付けできます。

また、指定したオブジェクトまでの距離という寸法定義が可能です。その寸法値になるように、関連した形状を変更させることが可能です。


3Dモデルの任意箇所を断面形状の表示に切り替えられるモードです。
断面モードでは、内部の部品間の距離や面形状を直接変更することで、3Dモデルの変更が可能です。




お問い合わせ先 株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部 E-mail:cae-info@sci.jsol.co.jp
製品開発元 SpaceClaim Corporation
国内総代理店 サイバネットシステム株式会社


ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
NTT DATAグループ日本総研