SpaceClaimのダイレクトモデリング機能により、「従来検討できなかったモデルでもシミュレーションを含めて検討できる」ケースが格段に増加します。フィーチャーベースCADでは履歴の影響を受けることで諦める必要のあった詳細モデルから解析用モデルへのモデファイも容易です。



主要なCADデータ、各種中間フォーマットの入出力


CAD・モデラー SpaceClaim 中間ファイル
  • Pro/ENGINEER
  • CATIA V4/V5
  • SolidWorks
  • NX
  • Inventor
  • Rhinoceros


モデルを自由に編集・修正
  • ACIS
  • Parasolid
  • IGES
  • STEP
  • DWG
  • DXF
  • IDF など



フィーチャーやヒストリーに依存しない、自由な形状変更が可能です。

フィーチャーを抑制するのではなく、形状をダイレクトに編集してフィレットを削除します。フィレット部を分割することで、複雑なフィレットも削除可能です。
削除対象の出っ張りをラバーバンドで囲って、フィルを実行するだけで削除できます。
サーフェスのエッジを選択して、フィルを実行するだけで穴を閉じてソリッド化できます。穴を閉じたサーフェスは隣接するサーフェスを考慮して作成されます。
削除対象の凹み(穴)をラバーバンドで囲って、フィルを実行するだけで削除できます。



ボリューム抽出、中立面作成、形状修復、簡略化など 解析準備に便利な機能がそろっています。


ボリューム抽出・エンクロージャ

流体場などの解析のために空間を抽出します。
解析対象となる閉空間のボリューム抽出や、ボディ周辺の空間のソリッドモデルを作成します。



中立面

2つのオフセット面や勾配面を含む形状の中間に位置するサーフェスを作成します。
中立面は隣接する面まで自動的に延長またはトリムされます。
ANSYSとの連携においては、面と面の間の距離は厚さプロパティとして保存されます。



ギャップの検出・修復欠

他社3DCADデータを取り込んだ際に発生する、面と面の間のギャップを検出・修復できる機能です。
検出されたギャップは赤くハイライト表示され、まとめて修復したり、1つ1つ修復することができます。



面のマージ簡

複数の隣接面を元の面に密接にフィットする1つの新しい面に置換します。
このツールを使用して、モデルを解析のためにエクスポートする前に簡略化できます。
そのため面のマージを実行すると、ソリッドのメッシュはよりなめらかになります。



微小面の検出・削除面

他社3DCADデータを取り込んだ際に、モデル上の微小面および細長い面を検出して削除します。
微小面の箇所が赤くハイライト表示され、まとめて削除したり、1つ1つ削除することができます。



欠落面の検出・修復

他社3DCADデータを取り込んだ際に発生する、欠落した面を検出・修復できる機能です。
検出された欠落面は赤くハイライト表示され、まとめて修復したり、1つ1つ修復することができます。




お問い合わせ先 株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部 E-mail:cae-info@sci.jsol.co.jp
製品開発元 SpaceClaim Corporation
国内総代理店 サイバネットシステム株式会社


ページトップへ戻る
※ 記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
NTT DATAグループ日本総研